2010年11月25日

1丁1,500円の豆腐!

tenjinbashi0010.jpg
 11月22日〜26日に大阪・天神橋筋商店街で「日本の半世紀前を愉しむ」というイベントが開かれており、当店のDVD「なつかしの大阪市電」も連日会場で上映されていますが、このイベントの中で「50年前の物価でやってます。」という催しがあり、いくつかの店舗で数量限定ながら激安で商品を販売されています。
 その中で「前田豆腐店」では1日限定5丁で500円の豆腐を10円で販売されます。「えっ、500円の豆腐ってどんなの?」と、普段は3パック98円の豆腐しか食べたことのない私は驚きました。
 しかし京都の嵯峨豆腐などは1丁400円くらいのものはザラにあるので、それほどの高級感はありません。ところがこのお店には1丁1,500円もする「まぼろし」という豆腐があるのです。

 お店のご主人と色々話をしているうちに、なりゆきで1,500円の豆腐を買ってしまいました。私としては「清水の舞台から飛び降りた」心境で、ご主人もそのことを察して下さって少しサービスしていただきましたが。(笑)
 写真の豆腐がそれで、もっと見栄えのいい皿に盛ればおいしそうに見えるのですが、あいにく我が家にはそんな高級な皿はありません。(泣)
 食してみると(「食べる」などとさらりと言うのは畏れ多いので)きめの細かい口当たりとほんのりとした甘さがあり、そのままでもおいしくいただけます。ただ我が家のような低所得者層の家庭では毎日食べるというわけには参りません。おそらく最初で最後かも?(笑)

 もちろん1,500円の豆腐ばかりを売っているわけではなく、200円からのリーズナブルな豆腐もありますので、天神橋筋商店街を訪れた際には立ち寄ってみて下さい。HPはこちら。

http://tofu-maeda.com/main/index.html
posted by ぎんがてつどう at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

ドラマの中の大阪市電

044siden0430.jpg
 本日午後4時から関西テレビの芸術祭参加ドラマ「その街の今は」で、私が41年前に録音した大阪市電の「音」が流れます。といってもわずか5秒ほどらしいのですが。(笑)
 主人公の歌(中村ゆり)は大阪の喫茶店で働く女性で、大阪の古い写真を集めるのが趣味の28歳です。市電の走る街の写真を眺めているところにその「音」が流れ、昔の大阪に思いを馳せるというシーンに使われるようです。
 当時はまだカセットテープがなく、重いオープンリールのテープレコーダーを担いで市電に乗り込み、三宝線・百済線・高津線・守口線のほとんど全線を録音して回りました。そして保存していた録音テープを2008年にデジタル化し、2009年にかけて2枚のCDを制作して現在も当店HPで販売しております。
 大阪市電の映像や写真は市交通局や新聞社・テレビ局などに多数保存されていますが、「音」はあまりないようで、長時間にわたって録音された音は皆無といってもいいような状態らしいです。
 といいますのは当時のニュース映像は大抵16ミリカメラで撮られているので、現在のビデオやデジタルカメラのように同時録音が出来なかったからのようです。
 今日のドラマで流れるのは数秒なので、注意しないと聞き逃すかもしれませんね。最後のクレジットには「ぎんがてつどう」の名前も協力者として入れていただけるようです。

 写真は大阪市電春日出線の南森町付近で、電停の看板に「南森町」の文字が読み取れます。(ドラマの内容とは関係ありませんが。)

http://ginga2007.web.infoseek.co.jp/sub34.htm

 なお南森町に近い天神橋筋商店街で、明日22日(月)から26日(金)まで「日本の半世紀前を愉しむ」と題したイベントが開かれ、私の制作したDVD「なつかしの大阪市電」・「大阪の渡し船」が会場となる「天三おかげ館」の40インチモニターで上映される予定です。賞品つきクイズもあるようですので、どうぞお出かけ下さい。

http://tenjin123.com/contents/contents_templete.asp?tnum=753&contents_code=notic
posted by ぎんがてつどう at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

大阪市電の音がテレビドラマに

sidenphoto0064.jpg
 「ぎんがてつどう」では大阪市電の音や映像を保存しておりますが、そのうちの「音」が近く放送されるテレビドラマに使われます。

 11月21日(日)の午後4時〜5時30分に関西テレビで放送される芸術祭参加ドラマ「その街の今は」で、主人公が市電の写真を眺めているところに音が流れ、舞台は市電が走っていた大阪の街へと移っていくようです。

 使われるのはわずか数秒ですが、最後のクレジットに「ぎんがてつどう」の名前も表示されるはずです。お楽しみに。(残念ながら関西地区のみの放送です。)

 また11月22日(月)〜26日(金)に大阪・天神橋筋商店街で「日本の半世紀前を楽しむイベント」が開催されますが、その会場で私のDVD「なつかしの大阪市電」も上映される予定になっています。興味のある方はのぞいてみてください。

 http://tenjin123.com/contents/contents_templete.asp?tnum=753&contents_code=notic

 上の写真はドラマとは関係ありませんが、なつかしい大阪府警本部の旧庁舎です。(1968年頃)
posted by ぎんがてつどう at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。