2010年03月15日

「EXPO'70パビリオン」オープン!

pavilion0004.jpg
 1970年の日本万国博覧会(大阪万博)開催40周年を記念して、万博記念公園(大阪・吹田市)の旧鉄鋼館を「EXPO'70パビリオン」として整備され、3月13日(土)にオープンされました。
 当日は午前中に関係者と招待客による開館記念式典が行われ、午後2時30分より一般に公開されました。その風景の一部をHPにアップしております。下記トップページのリンクよりお入りください。

http://ginga2007.web.infoseek.co.jp/

 それほど広い展示館ではなく、1日の入館可能人数は2千人程度ですので、初日13日と14日の日曜日は整理券による入場となりましたが、初日もそれほど大きな混乱もなく、なんとか見学することが出来ました。

http://park.expo70.or.jp/facil/facil_11.html#maniaexpo

 個人的な感想ですが資料館という性質上、各種資料の展示に重点が置かれており、当時の熱狂的な雰囲気を伝えるには少し物足りなさを感じました。
 それでも館内で上映されているフィルムなどから、ある程度の感じは掴めると思いますが、当時を知らない世代の方からは、「なんだ、この程度のものか?」という印象を受けるかもしれないという危惧を懸念しています。
 まあ初日の混雑の中でゆっくりと見られなかったこともあり、もう一度落ち着いた頃に行ってみようと思っています。

 宣伝になりますが、当時の雰囲気を伝えるDVDやCDを当店の通販で扱っております。ただ今40周年記念のサービスセール中ですので、パビリオンの展示をご覧になって物足りなさを感じられた方は、一度ご検討ください。なお会場で販売されている公式記録映画とは異なりますので念のため。
posted by ぎんがてつどう at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 万博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

思い出の大阪万博写真を大量アップ!

 このたび京都市の「ヒロ」さんから、大量に大阪万博の写真をご提供いただき、HPの「わが家の大阪万博」コーナーにアップいたしました。

 http://jijiganko.web.fc2.com/expo70index00.html

 当時販売されていたコクヨフリーアルバムの万博バージョンに貼られた、60数枚の写真の中から57枚を掲載しております。
 フリーアルバムに直接貼られた写真は、はがすのが困難で台紙のままスキャンしたためピントが合わず、また保護フィルムの汚れやシワなどが映って不鮮明な画像になっている点はご了承ください。

 エキスポタワーから撮影した空撮風の写真や、ご家族の写真も了解を得て多く載せておりますので、当時の雰囲気がお楽しみいただけることと思います。

 パビリオンの名前や撮影場所は一応入れておりますが、不明のところや誤りなどがあるかもしれませんので、「間違い探し」を楽しんでいただけるように配慮?しております。(笑)お気づきの点はお知らせいただければありがたいです。

 引き続き眠っている万博写真を探しておりますので、少しの枚数でも掲載ご希望の方はメールでお問い合わせください。
posted by ぎんがてつどう at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 万博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

「ライトアップ2008」コーナーを開設

 大阪・中之島のイベント「光のルネッサンス」のイルミネーションを、先日からホームページに載せておりましたが、このたび追加として京都の「嵐山花灯路」と大阪・万博記念公園の「イルミナイト万博」の写真を追加して、「ライトアップ2008」としてまとめました。

http://ginga2007.web.infoseek.co.jp/2008ilumi00.html

 中之島「光のルネッサンス」は、鳥取砂丘の砂で作った彫刻が珍しく、京都「嵐山花灯路」は、京阪電車の臨時特急撮影の「ついで」に撮りに行き、万博公園の「イルミナイト万博」は、今年は行かないつもりでいたのですが、新聞に載った不思議な写真を見て、「これは行かねば!」とあわてて行ってきた次第です。
 マニアエキスポでお世話になった職員の方と偶然お会いして、「太郎さんはこれを見てどう思われるかな?」と話し、「アホなことするな!」か「もっとやれ!」か、どっちかな?と笑っておりました。(笑)

 ほかにもミクシィやご自分のHPに載せておられる方もありますが、スライドショーのページも作りましたので、仕事や家事に疲れた時に、コーヒーでも飲みながらご覧下さい。
 来年の年末はもうこんなアホなページは作らないかもしれません。
あっ、鬼が笑ってら!(笑)
posted by ぎんがてつどう at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 万博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

「わが家の大阪万博」コーナー開設

 皆様のご家庭で眠っている「大阪万博」の写真に陽の目を当てようという企画で、ぎんがてつどうのホームページ(別館)に「わが家の大阪万博」コーナーを設けました。

 ホームページやブログをお持ちでない方や、ご自身のホームページに万博関係のコーナーが無い方などで、1970年の日本万国博覧会の写真を保存されている方に、公開の場を提供するコーナーです。

 現在数人の方からお預かりした写真を載せており、本日は神戸市の「元祖怪獣博士」原坂一郎さんがお持ちの写真をアップいたしました。また皆様方からの写真のご提供もお待ちしております。

 大阪府の橋下知事が「大阪ミュージアム構想」を打ち出していますが、その推薦基準には該当しないものの、私のホームページもミュージアムとしての体裁を整えたいと考えておりますので、皆様のご協力をお願い申し上げます。詳しくは下記のページでご覧下さい。

http://jijiganko.web.fc2.com/expo70index00.html

 これから数年間は継続して掲載する予定ですので、大阪万博の写真が出て来ましたら、お知らせいただければありがたいです。
 では初公開のものも多い「わが家の」万博写真をお楽しみください。
posted by ぎんがてつどう at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 万博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

「マニアエキスポ2008」の写真アップ完了!

 お待たせいたしました。ホームページに載せております「マニアエキスポ2008」コーナーの写真アップがほぼ完了いたしました。

 2006年・2007年よりも掲載した写真枚数は大幅に増えており、見やすいようにサイズも大きくしていますので、接続の環境によっては表示に時間がかかることをご了承ください。

 今回の展示で私が特に注目した、万博会場の「ペーパークラフト」は、当初は2ページに収める予定でしたが3ページに増やし、ペーパークラフトの写真だけで39枚載せております。それでもまだ全容をご紹介出来ないような大作です。

 「ペーパークラフト(2)」には、製作者の方にお聞きした「意外な真相」も書いていますので、注意してご覧下さい。また「ペーパークラフト(3)」には真上から撮った空撮風写真もありますので、少しはお楽しみいただけると思います。こんな写真の撮り方もあるという作例です。まあ「遊び心」ですが。(笑)

 また最後のページには鉄鋼館の外のイベントや風景も入れておりますので、「マニアエキスポ2008」に来られなかった方でも、その場に居るような雰囲気を味わえるかもしれません。

 ではまた来年の「マニアエキスポ2009」をお楽しみに。って、私は主催者じゃないんですが。(笑)

http://ginga2007.web.infoseek.co.jp/2008maniaexpo000.html
posted by ぎんがてつどう at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 万博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

「マニアエキスポ2008」の写真を追加しました

 「展示品写真」を3ページ追加してホームページにアップいたしました。

 今回は万博グッズコレクションと、パビリオンホステスの制服、テーマ館に展示されていた仮面を中心にアップしています。嘉門達夫さんの親友のバッジコレクションもご覧になれます。

 なお「初日速報(1)」のページは、他のページに写真を移しましたので削除しております。

 次回のアップは数日後になる予定です。しばらくお待ちください。

 http://ginga2007.web.infoseek.co.jp/2008maniaexpo000.html
posted by ぎんがてつどう at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 万博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

「マニアエキスポ2008」の展示品写真をアップ

「ステージイベント」に続いて「展示品写真」を3ページだけですが、
ホームページにアップいたしました。

一部は初日と2日目の速報版写真とダブっておりますが、そのうちに
整理して速報版の方を削除いたします。

次回のアップは来週になる予定です。しばらくお待ちください。

http://ginga2007.web.infoseek.co.jp/2008maniaexpo000.html
posted by ぎんがてつどう at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 万博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

「マニアエキスポ2008」の写真を一部アップ

 先日閉幕いたしました「マニアエキスポ2008」の写真のうち、「速報写真」、「ペーパークラフト」に引き続いて、とりあえず「ステージイベント」5日間の写真をアップいたしました。(19日のタイル販売の様子も入っております。)
 ご覧になれなかったイベントの雰囲気を味わってみてください。

 引き続き展示品などの写真を掲載していく予定ですが、どん亀作業ですので全部見られるのはいつになりますことやら。
 興味がおありの方は時々覗いてみてください。

http://ginga2007.web.infoseek.co.jp/2008maniaexpo000.html
posted by ぎんがてつどう at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 万博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

「マニアエキスポ2008」初日速報

 本日から開催されました「マニアエキスポ2008」の速報版写真を、2ページだけですがアップいたしました。

http://ginga2007.web.infoseek.co.jp/2008maniaexpo000.html

 明日以降に来られる方のご参考と、今日来られた方の思い出にご覧下さい。なお、次回のアップはしばらく時間がかかると思いますので、ご了承ください。

 今日も名古屋や長野(河内長野じゃない!)、関東方面から来られた方もありましたが、遠方からの皆さんにもご満足いただけたようです。

 明日・明後日は大阪の天気もいいようですので、皆様お気軽にお越し下さい。といっても私は主催者ではないのですが。(笑)
posted by ぎんがてつどう at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 万博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「マニアエキスポ2008」開幕です。

 今日からお待ちかねの「マニアエキスポ2008」が開幕しますが、実はちょっと風邪気味で熱があり、まあ毎年「マニアエキスポ」の前日は熱が出るんですが、子供が遠足に行く前の晩の症状です。

 今年の目玉はなんといっても「動く文楽人形」ですね。チラシには1体の写真しかありませんが、展示されるのは2体で、横には動かすためのコンプレッサーも据え付けられています。
 もうひとつ目新しいのは「電気自動車」で、昨年吹田で展示されたのは業務用の車ですが、今回は会場内を走っていた「エキスポタクシー」が展示されます。ただ塗装など当時とは少し違っていますが。
 また初日のステージイベントに関連して、パビリオンについていた「電力館」の文字やホステスさんの制服など、電力館関係の展示も期待出来ます。

 毎回前年とは違った展示を試みていましたが、昨年は初めて来られた方も多く、資料となる展示は出来るだけお見せしようということで、私の録音した万博アクセス電車やモノレールの音が今年も会場に流れます。「うるさい!」と言われそうですが。(笑)
 またリニアモーターカーやパビリオンの大模型も、昨年に引き続き会場にデンと据えられていますので、昨年もっと見たかったのにという方のご要望にも応えた展示構成になっていますので、どうぞお楽しみにご来場ください。

 土・日・祝日は私も会場に居る予定ですが、カゼの神様の都合でどうなるかわかりません。また毎年このときだけにしかお会い出来ない方もいらっしゃいます。私も年でお顔を忘れてしまっているかもしれませんので、会場で失礼がございましたらお許しください。昨年と同様に汽車のイラストの名札をつけてウロウロしておりますので、どうぞ遠慮なくお声をかけてください。
posted by ぎんがてつどう at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 万博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

「マニアエキスポ2008」が開催されます

 大阪万博ファンの間で定着した「マニアエキスポ」が今年も開催されます。
 10月11日(土)〜19日(日)の9日間で、場所は昨年と同じく大阪・吹田市の万博記念公園自然文化園の旧鉄鋼館です。詳しくは日本万国博覧会記念機構のホームページをご覧下さい。

 http://park.expo70.or.jp/facil/facil_11.html#maniaexpo

 なお、私のホームページには配布用チラシの写真を載せております。「マニアエキスポ2007」の写真と併せてご覧下さい。

http://ginga2007.web.infoseek.co.jp/

 当店では昨年と同じく「万国博録音集」のパネル展示と、CD・DVDの販売をさせていただきます。

 本日(23日)発売のスポーツニッポン大阪版には、19面に万博ファンの関連記事が載っていますので、お持ちでない方は、喫茶店などでご覧下さい。私も写真入りで載っております。(汗)

 また、19日(日)には京阪電車の中之島新線が開通します。万博と鉄道の両方のファンの方はお忙しいことでしょう。私もですが。(笑)

posted by ぎんがてつどう at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 万博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月18日

大阪にEXPO CAFEがオープン

expocafe01.jpg
 大阪万博ファンのサロン「EXPO CAFE」が大阪・天満橋に4月18日(金)にオープンしました。
 1970年の日本万国博覧会を紹介しているサイト「万博ミュージアム」管理人の白井さんがオーナーで、店内は大阪万博の雰囲気が味わえるデザインになっています。
 私のホームページにお店の紹介写真をアップしておりますので、万博ファンの方はどうぞご覧下さい。

http://ginga2007.web.infoseek.co.jp/07expo0901.html

 なお20日(日)の昼頃には私も「EXPOCAFE」におります。

posted by ぎんがてつどう at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 万博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

「日本万国博覧会」関係のTV番組

ネットの掲示板からの情報ですが、2月10日と23日に万博関連の番組が放送されます。

http://www.nhk.or.jp/osaka/program/omoidetheater/

昭和45年1月に放送された番組の再放送ですが、23日はその全部、10日はダイジェスト版のようです。関西限定の放送かもしれませんので、新聞などの番組表のチェックをお忘れなく。

万博のほか「京都市電」の番組も放送されるので、鉄道ファンも見逃せない! また「太秦映画村」や「嵯峨野」など万博以外はほとんど京都関係の番組の再放送なので、京都ファンも必見です。
posted by ぎんがてつどう at 14:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 万博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

万国博の映像が無料で観られる場所

 以前に知人から「万国博の映像が見られる。」と教わった「大林組歴史館」に行ってきました。平日だけの開館なので大阪市営交通が600円で乗り放題になる金曜日にしました。

http://www.obayashi.co.jp/company/rekishi/index.html

 旧大林組本社ビルの3階に上がると、それほど広くはないですが清潔な博物館に私一人。
 受付のすぐ近くに大きなモニターの映像コーナーがあり、大林組PRの映画が映っていましたが、「すみません。万国博関係の映画が見たいのですが。」と受付の方にお願いすると「大林組と万国博」のDVDをかけてくださいました。

 大画面に万国博工事の迫力ある映像が映り、大屋根がジャッキで少しずつ上がるシーンを見ていると涙が出てきました。30分の映画を一人で堪能していました。
 時間があればもう1本「大屋根」中心の映画もあったのですが、また次回にということにして、新しい本社ビルの総務へ行ってDVDを頒けてもらえないのかと聞きましたが「販売はしていない。」ということ。やっぱりね。

 大林組を出たのが昼過ぎだったので、玉造の知人のうどん屋へ行って昼食。寒くて冷えた体を焼酎のお湯割であたためてから今度はNHKへ。
 大林組からNHKへまっすぐ行けば近いものを、わざわざ遠回りして行ったのは、がんばっている知人の店の売り上げに少しでも協力するためですが、「電車に乗って昼メシだけを食いにくるのはワシくらいなもんじゃろ。」と言いましたが、きっちり勘定どおり払わされました。(笑) まあいいか。

 NHKではまっすぐに9階の映像コーナーへ。大林組歴史館では私一人でしたが、ここは小・中学生の団体が多く騒がしいことです。映像コーナーでなんとか席にありつき、パソコンで検索した「大観衆・万国博と日本」の30分映像を観ましたが、万国博の映像はこれだけのようで、私の録音テープにあった「万国博の記録」は入っていませんでした。NHKに交渉すれば他の映像も見せてくれるのかな? 今度また時間のある時に行ってみよう。

 NHKを出てから昨年クリスマス会に出席した生野区の養護施設に用事で行き、その後は例によって冷えた体を暖めに上六地下のハイハイタウンへ。寒波がきつくてとても新世界まで行く元気はありませんでした。(笑)

 この日は地下鉄とバスを合わせて8回乗ったことになり、普通に切符を買って乗ると1700円くらいになりますが、ノーマイカーフリー切符で600円! みなさんも大阪市内周遊は金曜日か20日に。といっても休めないですよね。

 大林組歴史館もNHKも企業などのPRですので入場は無料です。フリー切符で無料の博物館をまわれば安く一日が過ごせます。私のホームページには「博物館・美術館関係リンク集」も設けておりますので、どうぞご覧下さい。
posted by ぎんがてつどう at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 万博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

「MBS万国博情報」の放送日は?

1970年の日本万国博覧会の会期中に「MBS万国博情報」というTVスポット番組があり、私の手元に「ある1日」の録音が残っていました。「毎日放送」の番組だけあって毎日放送していたと思うのですが。(寒っ!)

以下の放送内容から放送日を当ててみてください。
残念ながら「賞品」はありませんが。(笑)

★午前11時現在の入場者数は28万3千人ほどで、
  日曜日とあって協会では35万人を予想。
★昨夜からの雨もあがり、予想最高気温は平年並みの24度。
★お祭り広場では正午から「アリランの夜祭」のリハーサル、
  7時から本番。
★水上ステージでは2時と4時に「ドラム缶バンドショー・
  カリブ海からこんにちは」。
★野外劇場では1時と3時に泉大津吹奏楽団の演奏。
★地方自治体館では今日から「鳥取県の日」が始まる。
★フェスティバルホールでは7時からピエール・ブーレーズ指揮で
  クリーブランド管弦楽団の演奏会。ABCD各席は当日券もあり。
★来月から1日と15日を「万国博敬老の日」として70歳以上の
  人に特典あり。

以上のような内容で3分ほどの放送でした。「信用金庫」の提供となっているので、何かの番組のオマケではなく独立した番組のようでした。

録音が残っているのはこの1日だけで、何日間か残っていれば貴重な記録になるのですが、当時の録音テープは今のように100円ショップでは売っていませんでしたので、まだ1日でも残っているだけマシというものです。

さて当時の資料をお持ちの方は何月何日の放送か当ててみてください。実をいいますと私の手元は資料不足でわからないのです。どなたか教えてチョーダイ!
posted by ぎんがてつどう at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 万博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

37年前の万国博特集TV番組

 昨年から古い録音テープのCD化を進めていますが最近1970年の万国博特集テレビ番組のCD化が出来上がりました。
 当時は家庭用のビデオなどない時代でしたが、音だけを聴いていても会場の雰囲気が思い出され、なつかしい気分に浸っております。
 録音状態も良くて先ほどテレビから録音したかのような錯覚さえ覚えます。

 民放局のどこかの1時間番組ですが、「ニッ○イのおばちゃん」のCMソングから始まります。
 当時このCMが聴こえるとみんなで歌っていたのではないでしょうか。
 現在のCMより親しみが感じられ「昔はよかったなあ。」という気分にもさせられます。

 番組本編は「万国博の最大の展示は人間たち」という意味のナレーションで始まり、私の作った8ミリ映画にも引用させていただいています。当時はあちこちの番組で使われていたようです。
 そして「バッファローの集団」という言葉が使われ、「1日平均35万人の入場者は金沢市の人口と同じ」というナレーションに続きます。

「月の石」の感想としてある大人は
★「私らは昔からお月さんではウサギがモチをついていると
 教えられてきたが、夢は夢として残してほしい。」
 と言い、子供たちの感想は
★「その辺の溶岩と変わらない。たいしたことない。」
★「アメリカ館に来るまではいいなあと思っていたけど、
 たいしたことない。」
★「もらえたらうれしいけど。」  など正直な感想が続きます。

 また神奈川県から来た人は「往きは新幹線のグリーン車、帰りは飛行機で家族4人4日間で8万円遣ったが一生に一度のことだと思っている。」ということでしたが、私も入場料や交通費、写真・8ミリの材料費、食費・記念品代などで8万円ほど遣っています。当時22歳の私の月給が3万円くらいの頃でした。

 この番組では会場での生の声を多く収録しており、「観客の視点での番組」という意味では私の制作した8ミリ映画と通じるものがあるようです。以下のような感想も収録されています。

★「6000万人も来て何人が『なるほど万博や!』と納得
 しているかな?」
★「日本人っておとなしいなあ。お通夜みたいに黙って並んで。」
★「日本館と鉄鋼館へ入っただけで、駆け足ばっかり。」
★「人のうわさやテレビの情報を見て万博へは来ないつもりだったけど。」

 当時この万国博へ行かれた方は「ああ、そうやったなあ。」と思い当たることでしょう。番組ではいい面も悪い面も平等に取材しているようです。最高83万人以上が入場した9月5日の様子は次のようでした。

 午後5時に入場制限をはじめ、前売り券を持った人だけを入場させたところ、
★「券のない人は入れないなんて不公平じゃないか。」
★「冗談じゃない。進歩と調和だって言うから来てるのに。」
★「万博なんてやめればいい。」
 などという声が録音されています。これがこの番組の価値のあるところだと思いますがいかがでしょうか?
 その他に以下のような音が収録されています。

★売店の外国人従業員のカタコト日本語(呼び込みの声)
★紙芝居「黄金バット」の口上(お祭り広場「世界の市」)
★インドレストラン従業員の呼び込みの声
★象まつりの雰囲気(お祭り広場)
★本土復帰前の沖縄から来た人の感想
★スカンジナビア館ホステスの思い出話
★閉会式のお祭り広場の雰囲気       などなど

 これらの音を聴いていると万国博がつい最近あったような錯覚に陥ってしまいます。もちろん万国博といっても「愛知万博」ではなく37年前の「日本万国博覧会」の特集番組です。
 私の手元にあるはテレビから録音したテープだけで、どこの局の番組かはメモもしていなかったのでわかりませんが、局にビデオが残っていればDVDにして発売してくれないかなと考えるのは私だけでしょうか?
posted by ぎんがてつどう at 21:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 万博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

三日坊主の日記になりそう

10月から「マニアエキスポ」や吹田市立博物館の「わたしと万博」展など1970年の万国博関係のイベントが続き、なんとなくバタバタして日記から遠ざかっていました。

もともと小さい頃から日記は「三日坊主」のクセがあり、夏休みの日記でも終わり頃にまとめて書く習慣がありました。(あなたもそうでしょ?)

ホームページに「イルミネーション2007」のコーナーを新しく作り、ルミナリエ、ジャンナリエをはじめ万博公園や中之島のイルミネーションを撮影してまわり、おかげさまでデジカメが故障してとうとう修理に出しました。(笑)
年末のことで修理の上がるのが1月末くらいになるらしいのですが、今のところどうしても撮影したい対象はないので、まあちょっと一休みというところです。

フィルムカメラの一眼レフはあるのですが長い間使っていないので調子が悪く、肝心な時にシャッターがおりない、ストロボが光らないといった状態です。
機械モノは常に使っていないとすぐに故障するので、このキカイに一眼レフも使わないといけないなと思う今日この頃です。

ホームページの「イルミネーション2007」コーナーでは、今回はじめてスライドショーのページも作りましたので、自宅のパソコンでイルミネーションのスライドショーをご覧になりながら、ウイスキーやブランデーのグラスでも傾けてください。

ホットウイスキーでホッと一息つけるような画面作りを考えてみたいと思います。(「寒っ!」、「ああ、カゼですね。」)
posted by ぎんがてつどう at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 万博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月12日

「マニアエキスポ2007」のTV放映

6日から大阪・万博記念公園の鉄鋼館で開かれている「マニアエキスポ2007」ですが、昨年の全9日間の入場者数を連休の3日間で追い越したほどの盛況で、愛知県や関東など遠方からお越しくださった方も多く、昨日11日も平日にもかかわらず多数のご来場がありました。

本日12日夕方、関西テレビ系で「マニアエキスポ2007」の模様が放映される予定です。

16:53〜19:00 「FNNスーパーニュースアンカー」の一部で、
「万博のことを思うと今も胸が熱く・・・37年前の夢を追い続けるマニアの心をギモン調査」のサブタイトルです。

またテレビ大阪で15日(月)午前1時25分〜2時20分まで放送の
「御堂筋パレード2007」という番組内で、御堂筋パレードのフロート
「世界の国からこんにちわ号」の紹介時には、私のDVD
「日本万国博覧会」の映像の一部が流れる予定です。

最近は1970年〜73年生まれの方が大阪万博「日本万国博覧会」にとても興味を示されています。自分の生まれる直前や生まれた年に大阪でこんな大きなイベントがあったということで、映像や書物で色々と調べておられるようです。

「マニアエキスポ」会場で販売しております私のDVD「日本万国博覧会」も残り少なくなってきました。ご希望の方はお早めに会場へどうぞ。(会期終了後は通信販売でもお求めになれます。)

13日と14日(最終日)の14時からは1970年代の歌を中心とした演奏のイベントもありますので、ご家族連れでお越しくださいますようご案内いたします。
posted by ぎんがてつどう at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 万博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

「マニアエキスポ2007」開催中

6日から始まりました「マニアエキスポ2007」ですが、6日〜8日の3日間の入場者数が昨年の全9日間を上回るほどの盛況です。愛知県や関東から昨年も来られた方のお顔も多く拝見しました。

特に初日は開場と同時に皆さんが、展示物には目もくれずに売店へ「バッファロー・ダッシュ!」 お目当ての万博グッズに殺到しました。ケガ人はありませんでしたが。(笑)

3日間のステージイベントも大盛況で、会場はファンの熱気と残暑で暑くてたまりません。8日の講演には6日の怪獣博士、7日の菊水丸さんも聞きに来られていました。

初日の風景と3日間のイベントの写真をホームページに掲載しております。これから来られる方はご参考に、遠方や事情で来られない方は雰囲気を味わってください。
posted by ぎんがてつどう at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 万博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

「マニアエキスポ2007」準備中

いよいよ明日から「マニアエキスポ2007」が始まりますが、今日はその準備で枚方の自宅と会場を2往復していました。私の担当の鉄道コーナーは展示物も少なく、物の展示より「音」の展示ですので一番早く出来上がりました。

今年はPRも行き届いているので警備の人が「入場制限せんとあかんかもしれんな」とおっしゃっていましたし、売店にも珍しい品が並んでいましたので、万博マニアの方はお早目のご来場がお得かもしれませんよ。

当店からは万博会場で使用したテープレコーダーと、1970年公開の鉄道映画「すばらしい蒸気機関車」のサウンドトラック盤レコードジャケットを出品し、またCD「万国博録音集」の(1)はスピーカーで再生、(2)はヘッドホンで試聴出来るようになっています。

ステージでトークショーをされる原坂一郎さんのコレクションを展示するコーナーもありますのでお楽しみに。ウルトラマンや怪獣の資料がワンサカワンサカ!

今年の展示は昨年と比べて「万博」だけでなく70年代がよくわかる形になっていますので、万博ファン以外の方も楽しめると思います。

当店から新発売のCD「万国博録音集」(1)と(2)、オリジナルDVD「日本万国博覧会」、「なつかしの大阪市電」、「大阪の渡し船」は会場の売店で販売しておりますが、数に限りがありますのでお早めにどうぞ。(DVD「伯備線布原」は会場では販売いたしません。)

私は土・日・祝日以外に10・11日も会場に居る予定です。昨年のマニアエキスポだけでお会いした方はお顔を忘れているかもしれませんので、名札を目印に声をかけて下さるようお願いいたします。えっ、「お前に会いに行くんじゃない。」って? えらいすんません。
posted by ぎんがてつどう at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 万博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。