2011年08月18日

8日の講演会の写真をHPにアップ

doorskouenkai16.jpg
 先日8月8日(月)に開催されました私の講演会の写真をHPにアップしております。

 80分ほどでしたが少し時間に余裕がありましたので、最後には映画の鉄道シーンを集めたDVDを流しておりました。フランキー堺さん主演の「○○旅行」シリーズで、昭和の鉄道の雰囲気がよくわかります。

 展示した50年前のHOゲージ模型も快調に走っておりました。それもそのはず、前日に線路と車輪を一所懸命ペーパーで磨いていました。(汗) 土・日でしたら倍くらいの参加者があったかも?(笑)

http://ginga2007.web.infoseek.co.jp/
(トップページ「更新のお知らせ」からお入りください。)
posted by ぎんがてつどう at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月05日

ただいま8日の講演の準備中

showa01.jpg
 8日(月)の講演「昭和時代の鉄道風景と鉄道趣味」の準備をアセアセとやっております。何事も切羽詰らないとやらない性格で、3日前あたりから昭和の鉄道風景の写真をピックアップしてA4判のプリントを作っております。(14枚)

 会場にはプロジェクターがあるので、パワーポイントなどのソフトを使って作ればよさそうなのですが、なにぶんアナログ人間なものでして。それに映像で見せるよりプリントの方が色が綺麗に出ますから。そのかわりプロジェクターでは自作DVDの珍しい映像を流して、昭和時代の雰囲気が感じられるように演出しますし、50年前の模型も走らせます。
 またラジカセでローカル列車の走行音を流しながらお話しようかとも考えていますので、旅情あふれる講演になるかもしれません。(笑)

 予約はまだ定員の1/3にも満たない状態ですが、月曜日ということもあり知人に動員をかけるわけにもいきません。近所の理髪店の大将には声をかけてはいるのですが。(笑)
 もし「聴いてやろう!」という奇特な方がおられましたら、予約がなくても参加出来る状況ですので、涼みがてらご参加下さい。ただし有料ですが。(汗)

http://www.iwf.jp/300sche/item/306/catid/17

http://www.iwf.jp/item/812 (会場への地図)
posted by ぎんがてつどう at 21:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月01日

50年前に自作したHO鉄道模型が走る!

000topphoto47.jpg
 先の日記でもご紹介しておりますが、50年ほど前、私がペーパーで自作したHOゲージの「キハ35」を8月8日(月)の講演会で走らせる予定にしております。

 きょう試運転をしたところ、走るということは確認出来ました。あとは車輪とレールを磨けば快調に走らせることが出来るでしょう。
 走らせるといっても1mほどの直線線路を往復させるだけですが、自作の模型でも保存が良ければ半世紀経っても走るという証明です。(笑)

 また車輌は実物を縮尺したよりも全長が短くなっています。最近ではNゲージで「Bトレインショーティー」が人気を集めていますが、私は50年前からHOゲージの「ショーティー」を作っておりました。これも日本の住宅事情をはっきりと反映しています。我が家だけかもしれませんが?(笑)

講演ではこのような趣味のこともお話する予定です。興味のある方はどうぞ。
http://www.iwf.jp/300sche/item/306/catid/17
http://www.iwf.jp/item/812 (会場への地図)

定員には余裕がございますので、予約なしでもどうぞ。(有料ですが)
posted by ぎんがてつどう at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月06日

ついに出た!ミステリー「京阪特急殺人事件」

keihannovel101.jpg
 2011年初めての記事が今ごろになってしまいました。前の記事からずいぶん間が空いてしまいましたが、2月初めに前立腺の手術を予定していた関係で、「おめでとう」とご挨拶する気にもなれず、ズルズルと2月に入ってしまいました。
 入院は2泊3日だけで、手術自体も1時間弱の短いもので傷みもほとんどありませんでしたが、手術後の吐き気や痛み・発熱などに悩まされました。

 入院中の退屈な時間に構想を練った短編鉄道ミステリー「京阪特急殺人事件」をHPにアップしています。写真は装丁デザインですが、このアイデアの方が先に頭に浮かび、それを煮詰めていったらストーリーが湧いて来たというのが実情のようです。
 もちろん素人のお遊びの推理小説で、本屋さんでいくら探してもありません。私もミステリーを書いたのは初めてで、いい加減な記述が多いことはご容赦ください。
 ペンネームの「東山狂四郎」や文中の警部・刑事の名前が某有名ミステリー作家のパロディであることは、ミステリーファンの方にはすぐにお気付きのことと思います。(笑)

 実はこのタイトルは30年ほど前に勤務していた会社の社内報に、パロディの書籍広告として載せたものです。よく新聞の一面最下段に載っているような広告をパロディで作りました。
 読者の反応は「パターンが決まっている京阪電車のダイヤでアリバイトリックなど出来るはずがない!」という声が多かったですね。

 それから30数年後、今回そのアリバイトリックを生み出すという意味もあって、今まで誰も書いたことが無い(と思う)京阪特急を舞台にしたミステリーを、ヒマにまかせて書いてみました。

 後半は近日中にアップしますので、皆さんもアリバイ崩しに挑戦してみてください。わかってしまえば「アホらし!」と言われるようなちゃちなアリバイトリックですが、そこは素人が初めて書いたお遊びミステリーということでご容赦ください。(笑)

http://ginga2007.web.infoseek.co.jp/keihanheiseiindex00.html
posted by ぎんがてつどう at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

京阪電車「トーマス号」の写真をHPにアップ

keihanheisei15504.jpg
 「何をいまさら!」という声が聞こえてきそうな超ドンガメ更新ですが、7月2日(ラストラン2日前)に撮影した京阪電車の「きかんしゃトーマス号」の写真をHPにアップしました。今ふりかえってみるとかえって新鮮な感じがするかもしれませんね。(笑)

http://ginga2007.web.infoseek.co.jp/keihanheiseiindex00.html

 例によって写真のようにあまり撮り鉄さんが来ないような「へそまがり」の場所で撮影したものもありますので、皆さんの写真と見比べてみてください。「やっぱりワシの方がうまいわ!」と思われる方が多いことでしょう。(笑)

 「雨の御堂筋」じゃなかった「雨の橋本でただひとり」的写真もありますし、深夜の枚方市駅で酔った足で撮っている写真もありますが、1枚を除いてすべて7月2日の一日だけの「追っかけ」で撮ったものです。

 毎年ラストランには「さようなら、ありがとう」のヘッドマークが付きますが、今回は記念のマークがすでに2枚も付いていたので無かったようですね。ラストランの日の混雑に行かなくて正解でした。

 ところで、いま走っている「40周年」のヘッドマークをつけた京阪5000系電車の写真は未だに撮りに行っていませんが、HPには「2011年1月公開」と目次に入れております。まあ皆さんが飽きた頃にゆっくり撮りに行く予定にしております。(笑)
posted by ぎんがてつどう at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

ドラマの中の大阪市電

044siden0430.jpg
 本日午後4時から関西テレビの芸術祭参加ドラマ「その街の今は」で、私が41年前に録音した大阪市電の「音」が流れます。といってもわずか5秒ほどらしいのですが。(笑)
 主人公の歌(中村ゆり)は大阪の喫茶店で働く女性で、大阪の古い写真を集めるのが趣味の28歳です。市電の走る街の写真を眺めているところにその「音」が流れ、昔の大阪に思いを馳せるというシーンに使われるようです。
 当時はまだカセットテープがなく、重いオープンリールのテープレコーダーを担いで市電に乗り込み、三宝線・百済線・高津線・守口線のほとんど全線を録音して回りました。そして保存していた録音テープを2008年にデジタル化し、2009年にかけて2枚のCDを制作して現在も当店HPで販売しております。
 大阪市電の映像や写真は市交通局や新聞社・テレビ局などに多数保存されていますが、「音」はあまりないようで、長時間にわたって録音された音は皆無といってもいいような状態らしいです。
 といいますのは当時のニュース映像は大抵16ミリカメラで撮られているので、現在のビデオやデジタルカメラのように同時録音が出来なかったからのようです。
 今日のドラマで流れるのは数秒なので、注意しないと聞き逃すかもしれませんね。最後のクレジットには「ぎんがてつどう」の名前も協力者として入れていただけるようです。

 写真は大阪市電春日出線の南森町付近で、電停の看板に「南森町」の文字が読み取れます。(ドラマの内容とは関係ありませんが。)

http://ginga2007.web.infoseek.co.jp/sub34.htm

 なお南森町に近い天神橋筋商店街で、明日22日(月)から26日(金)まで「日本の半世紀前を愉しむ」と題したイベントが開かれ、私の制作したDVD「なつかしの大阪市電」・「大阪の渡し船」が会場となる「天三おかげ館」の40インチモニターで上映される予定です。賞品つきクイズもあるようですので、どうぞお出かけ下さい。

http://tenjin123.com/contents/contents_templete.asp?tnum=753&contents_code=notic
posted by ぎんがてつどう at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

大阪市電の音がテレビドラマに

sidenphoto0064.jpg
 「ぎんがてつどう」では大阪市電の音や映像を保存しておりますが、そのうちの「音」が近く放送されるテレビドラマに使われます。

 11月21日(日)の午後4時〜5時30分に関西テレビで放送される芸術祭参加ドラマ「その街の今は」で、主人公が市電の写真を眺めているところに音が流れ、舞台は市電が走っていた大阪の街へと移っていくようです。

 使われるのはわずか数秒ですが、最後のクレジットに「ぎんがてつどう」の名前も表示されるはずです。お楽しみに。(残念ながら関西地区のみの放送です。)

 また11月22日(月)〜26日(金)に大阪・天神橋筋商店街で「日本の半世紀前を楽しむイベント」が開催されますが、その会場で私のDVD「なつかしの大阪市電」も上映される予定になっています。興味のある方はのぞいてみてください。

 http://tenjin123.com/contents/contents_templete.asp?tnum=753&contents_code=notic

 上の写真はドラマとは関係ありませんが、なつかしい大阪府警本部の旧庁舎です。(1968年頃)
posted by ぎんがてつどう at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

京阪電車旧塗装車と桜

keihanheisei10401.jpg
 塗装変更が進みつつある京阪電車の沿線の桜風景をHPにアップいたしました。昨年の桜の季節に走っていた10000系電車は、今年は全部新塗装に変わってしまい、ターコイズブルーとピンクのコントラストは見られなくなってしまいました。
 同様に現在交野線で走っている2600系電車も、塗装変更あるいは廃車が予定されているようで、来年までもつかどうかわかりません。
 雨が多かった満開の時期に、なんとか晴れ間をぬって撮影した旧塗装電車と桜のコラボ写真を「交野線」と「本線」の2ページに分けてアップしています。

http://ginga2007.web.infoseek.co.jp/keihanheisei104.html

keihanheisei10503.jpg
 新塗装電車が増えていく中で、残っている昔からの「京阪カラー」の電車が、逆に新鮮なデザインに見えてきます。特に2階建車両の側面に描かれた時代祭り行列は、「京都観光に行く」という雰囲気を味わえる貴重なデザインなのに、どうしてなくしてしまうのでしょうか?
 開業100周年を記念しての塗装変更が、その役割を果たしていないという感じがします。新造の3000系電車に無理やり合わせたようなデザインになっているようですね。

 愚痴を言っていても塗装変更は進められますので、ファンとしては少しでも旧塗装の電車を撮影するくらいしか仕方がないですね。桜と旧塗装電車のコントラストをお楽しみください。
posted by ぎんがてつどう at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

京阪電車9月ダイヤ改正後の風景

keihanheisei7965.jpg
 京阪電車では淀駅の下り高架ホームの使用開始に伴い、9月12日にダイヤ改正を行いましたが、その前後で駅や車輌の風景が部分的に変わっています。

 先にダイヤ改正前の風景をHPに載せておりますが、このたび改正後の風景の写真整理が出来ましたので、本日HPにアップいたしました。

http://ginga2007.web.infoseek.co.jp/keihanheisei79.html

 写真は八幡市駅での上り回送電車の特急退避ですが、この風景も淀駅の上りホームが完成すれば見られなくなるかもしれません。下り線の方はすでにレールが撤去されて、八幡市駅の改装が始まっているようです。

 ずいぶんブログの更新をご無沙汰しておりましたが、最近はミクシィの方に重点を置いております。メンバーになっておられる方は、そちらの日記もご覧下さい。「ぎんがてつどう」の名前で出ております。
 またHPの更新につきましては、HPのトップページでその都度お知らせしておりますので、時々はお越し下さいますようお願い申し上げます。
posted by ぎんがてつどう at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

京阪電車「七夕の出会い」イベントの写真をアップ

keihanheisei8433.jpg
 京阪電車の「おりひめ」号と「ひこぼし」号が、七夕の日の数分間だけ交野線私市駅で顔を合わせる、恒例の「七夕の出会い」イベントの写真をホームページにアップいたしました。

 昨年までは1900系電車が使用されていましたが、1900系の引退とダイヤ改正で、今年のイベントがどうなるのか心配されていました。

 今回は初の10000系電車の使用と、「おけいはん」による新標識のお披露目もあり、昨年までとは違った雰囲気で行われたようです。

 ただ、京阪は車輌の塗色変更を進めており、今回使用された10000系も来年は色が変わっているかも知れず、今年限りのイベント風景になりそうな感じもしますので、私も今回初めてこのイベントの撮影に行った次第です。

http://ginga2007.web.infoseek.co.jp/keihanheisei83.html
posted by ぎんがてつどう at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

南海電車汐見橋線の沿線風景をアップ

siomibasi0209.jpg
 当店ホームページの「鉄道ファンのページ」に、大阪市内を走るローカル線「南海電車汐見橋線」沿線風景の写真を多数アップいたしました。
 この路線は私が生まれてから22歳の頃まで沿線に住んでいましたので、特に色々と思い出深い鉄道路線です。小学校3年生までは西天下茶屋に、以後22歳までは木津川の近くに住んでおりました。
 この3月に「阪神なんば線」が開通したのを契機に、以前から計画のありました「なにわ筋新線」が新聞を賑わすようになり、雑誌「大阪人」では6月1日発行の7月号で、この路線の特集を組まれる予定のようです。

 そこで昨年から撮っていました沿線風景の補足撮影を行い、雑誌特集の直前企画としてホームページの「ローカル私鉄」コーナーに、沿線の全6駅の風景を各1ページずつレイアウトして掲載いたしました。
 雑誌「大阪人」では駅周辺のお店などの紹介になると思いますので、当店では「駅」自体の写真を中心に載せています。
 雑誌が発売されてから両方を併せてご覧になると、さらにこの大ローカル線のことがよくわかるかもしれません。

 先にアップいたしました「たま電車」の和歌山電鉄と目次を近接させていますので、違った雰囲気のローカル線をお楽しみください。

http://ginga2007.web.infoseek.co.jp/sub36.htm
posted by ぎんがてつどう at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

「思い出の情景」コーナー新作アップ

jyoukeis06.jpg
 ぎんがてつどう別館の「思い出の情景」コーナーに、新作「福岡の殺意」をアップいたしました。
 なつかしい写真に文章をつけてご紹介していくもので、今回は童話風ではなくてサスペンスタッチになってしまいました。

 「福岡へ行く」と伝言を残して出張したデザイン会社の社長が、北陸の海岸で殺されたという設定で短編の物語が進んでいきます。警視庁の五十鈴川警部と亀有刑事(笑)の活躍はいかに?(爆)

 また「昭和の鉄道シリーズ」として制作しておりますCDの第6弾として、「京都市電河原町線」(仮題)の編集を始めました。
 1977年9月30日に廃止された河原町線の最終日の録音で、京都駅から烏丸車庫へ行く5系統急行運転の車内音と、帰路の烏丸車庫から京都駅への普通運転の車内音を収録する予定です。
 先に発売しております「郷愁の大阪市電」より、車内放送(女声のテープ)が明瞭に録音されています。
 6月初旬に発売する予定ですので、京都市電ファンの皆様はどうぞお楽しみに。

http://ginga2007.web.infoseek.co.jp/
posted by ぎんがてつどう at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

和歌山電鉄の「たま電車」と「たま駅長」

tamaden0001.jpg
 和歌山県にある小さな私鉄「和歌山電鉄」は、元は南海電鉄貴志川線でしたが、2006(平成18)年4月から和歌山電鉄貴志川線として運行されています。
 以来、再建のために「いちご電車」や「おもちゃ電車」などの楽しい車輌を作って乗客の増加を目指し、昨年1月から終点の貴志駅に三毛猫の「たま駅長」が誕生し、さらに今年3月からは猫のイラストを多用した「たま電車」まで走り始めました。
 先日4月17日に私も「たま電車」撮影のため、15年ぶりにこの路線を訪れ、「たま電車」と「いちご電車」や沿線の風景を撮影し、画像をHPの「ローカル私鉄」コーナーにアップいたしました。
 色々と暗いニュースが多い世の中、三毛猫の「たま駅長」の寝顔や「たま電車」の楽しい内外装をご覧になって癒されて下さい。また終点の貴志駅近くにある猫グッズの店もご紹介しています。

 http://ginga2007.web.infoseek.co.jp/sub36.htm

 同じ目次のページから15年前に撮影しました、前身の「南海電鉄貴志川線」の写真もご覧になれます。

 これから撮影に行かれる方は、日によって電車の運用が違いますので、和歌山電鉄のHPで時刻表をよく調べてからお出かけください。「おもちゃ電車」は6月4日まで運休中です。また日曜日は「たま駅長」はお休みで、電車を撮影に来る人は多いので、出来れば避けた方が無難です。

 http://www.wakayama-dentetsu.co.jp/index.html

posted by ぎんがてつどう at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

大阪市電の未公開写真を多数アップ!

sonotoki0216.jpg
 日本万国博覧会開幕の1年前、万博のために地下鉄と道路網を整備するため、大阪市電が全廃されて今年で40周年になります。

 このたびネットで知り合った「さうざぁ」さんという方のブログからも大阪市電の写真をお借りして、私の未公開写真とあわせて、HPの「そのとき、私はそこにいた!」コーナーにアップいたしました。

 なんと、この「さうざぁ」さんは、当時私が市電のパレードの8ミリ映画を撮影していた時、すぐ近くでスチールカメラで写真を撮っておられたようで、私がタクシーでパレードを追いかけているとき、「さうざぁ」さんは愛用のバイクで同じように市電を追いかけていたようです。

 「さうざぁ」さんと私の撮影した市電パレードの写真を、並べてレイアウトした「大阪市電保存車パレード」のページでは、見知らぬ二人がいかに近くで撮影していたかがわかり、二人とも驚いています。

 当時は大阪市内に住んでいた二人は、40年後の現在も大阪府下ですぐ近くに住んでおり、1通のメールから知り合った二人の写真がHPでドッキングしました。

 「そのとき、私はそこにいた!」コーナーはこちら。

 http://jijiganko.web.fc2.com/sonotoki09index00.html

 万博の40周年に気をとられて、大阪市電廃止の40周年を忘れるところでした。3月末の満40年に向けて、これからも未公開の写真をHPに載せていく予定です。どうぞお楽しみに。

posted by ぎんがてつどう at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

「そのとき、私はそこにいた!」写真募集

 オリジナルCD「阪神軌道線」の発売を記念いたしまして、ホームページに「そのとき、私はそこにいた!」コーナーを開設いたしました。
 これは私が昭和時代のある日に撮影した写真と、同じ場所・同じ頃に皆様が撮影された写真を、同じページに並べてご紹介しようという企画で、「わが家の大阪万博」コーナーに続いて、ホームページをご覧の方の写真をも掲載させていただくものです。

 本日、第一弾として開設しました「阪神軌道線全廃の日」のページに、野田駅で撮影した私の写真と、同じ日・同じ場所で撮影された、奈良県の方の写真を載せております。
 そのほかに「国鉄最後の日」、「JR最初の日」、「大阪駅のオリエント急行」のページに、私の撮影した写真を載せており、同じ日・同じ場所で撮影された皆様の写真を募集しております。

 今後は「大阪市電全廃の日」、「京都市電全廃の日」などのページをオープンする予定にしており、私と時間・空間を共有した皆様の写真も一緒に残していきたいと考えておりますので、多数のご投稿をお待ちいたしております。
 写真が残っていない場合は、その時の思い出話だけでも文章にして掲載させていただきますので、よろしくお願い申し上げます。

http://jijiganko.web.fc2.com/sonotoki09index00.html
posted by ぎんがてつどう at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

京阪電車の新塗装車

keihannew0003.jpg
 京阪電車では今年10月19日の中之島線開業に合わせて、車輌の塗色を変更する予定ですが、新しい色になった電車が5月23日から一編成走り出しました。
 写真の右側が新しい塗色で左が現在のものですが、私個人としては慣れ親しんだ現在の色が好きで、白の面積が広い塗り分けはどうも好きになれません。
 南海電車も近鉄電車も最近は白系統の色を使った塗り分けですが、どうして汚れの目立つ色を使いたがるのでしょうね。
 昔の南海や京阪のように緑色の濃淡の電車が好きでしたが、ダサイと感じる人が多いのでしょうか? 皆さんはいかがですか?
 ホームページの方には走行中の写真を載せていますので併せてご覧下さい。
posted by ぎんがてつどう at 18:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

模型鉄道のお遊び乗車券

2ginga0001.jpg ぎんがてつどうのHPに「第二銀河鉄道」コーナーがありますが、この鉄道は私が1972年から約10年間にわたって製作したNゲージの模型鉄道で、現在はもう廃線になって存在しません。

 この第二銀河鉄道を作っていた頃、時々記念乗車券を制作して友人・知人に送っておりました。その残りが最近机の引き出しの奥から出てきましたのでホームページにアップいたしました。
 色々な記念乗車券のほか「急行券・指定席券」や「運転士認定証」、オマケとして1999年の年賀状なども載せております。

http://ginga2007.web.infoseek.co.jp/2ginga.html

 「急行券・指定席券」は旧型のマルス端末から発券される様式をデザインしたもので、当時のマルス乗車券を知っておられる方にとってはなつかしいものです。

 「運転士認定証」は日曜日などに近所の子供たちに運転させてあげたときに、その子の名前を書いて進呈したものです。

 「設立9周年記念乗車券」では時刻表のページのデザインを取り入れており、「超特急999号」も掲載しています。個室寝台・展望車・グリーン車・食堂車も連結した豪華版ですが、自由席もついているのがご愛嬌です。(笑)

 これらの時刻表記号は昭和40年代のもので、特に「超特急」の記号は東海道新幹線が開通した時の「ひかり」号についていたものです。

 模型鉄道のレイアウトを作っておられる方は多いですが、その鉄道の乗車券まで発行しているところは僅かでしょう。今はパソコンで簡単に作れますので、模型鉄道のオーナーの方はチャレンジしてみてください。
posted by ぎんがてつどう at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

なつかし車両まつり in 森之宮

0021.jpg 3月23日(日)の一日だけのイベントでしたが、大阪市交通局の森之宮検車場で「なつかし車両まつり」があり、大阪市電・市バス・トロリーバス・地下鉄の古い車輌の展示や鉄道グッズの販売などのイベントがありました。
 特に今回は私が子供の頃によく乗った大阪市電の800形が見られるので、デジカメを片手に行ってきました。

 私は生まれてから大阪万博の前年まで大阪市電三宝線の沿線に住んでおり、小さい頃は市電の800形に乗って出島の海水浴場や大和川へ魚釣りに行ったりしていました。

 800形が走っていた頃は前の扉は手動の折りたたみ式でしたので、降りるときによく自分で開けたりしたものです。
 その頃はカメラも無く800形の現役時代の写真は撮っていませんが、私のDVD「なつかしの大阪市電」には、800形を改造した荷物電車が廃止前のパレードで走っている姿が収録されています。

 「なつかしの車輌まつり」の写真は下記のページに載せています。

http://ginga2007.web.infoseek.co.jp/044siden2801.html
posted by ぎんがてつどう at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

寝台急行「銀河」の本

0002.jpg 3月15日のJRダイヤ改正で廃止になる寝台急行「銀河」ですが、先日の新聞で最終日14日発の寝台券が30秒で売り切れたという記事がありました。

 3月に入ってからはマニアの方も撮影に忙しいことと思いますが、そんな「銀河」のことを詳しく書いた本が発売されました。「寝台急行『銀河』物語」というタイトルですが「銀河」だけでなく同時に廃止される大阪発の寝台特急「あかつき」「なは」についても解説されており、各列車のファン必見の書と言えましょう。

 いま当店で販売しておりますオリジナルCD「夜汽車の旅情」にも、東京駅を発車する「銀河」の車内放送などが収録されていますが、録音時期や放送の内容などから考えて、この本によりますと旧型客車から20系固定編成客車に変更された当時の音と思われます。

 また現在の線路は各所でロングレールに交換されており、レールの継ぎ目を車輪が通過する「タタン、タタン」という音がだんだん聞かれなくなってきましたが、CDに収録されているのはまだロングレールになる前の録音のようで、夜汽車の雰囲気を味わえるものになっています。乗り心地が良くなったことと引き換えに情緒が失われてきますが、技術の進歩でこれも仕方のないことかもしれません。

 先日、京都駅前のホテルに「さようなら寝台特急ブルートレインご一行様」という看板がかかっているのを見かけました。3月15日のダイヤ改正が近づくにつれて鉄道ファンの行動も過熱してくるようですが、事故のないように願いたいものです。
posted by ぎんがてつどう at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

鉄道模型の週刊誌

 今日の新聞に新たな「鉄道模型の週刊誌」創刊の広告が載っていました。1ヶ月ほど前にもNゲージレイアウトを作る週刊誌が創刊されましたが、今度は金属製の蒸気機関車の大きな模型が作れる内容です。
 定年退職した「団塊の世代」をターゲットにした企画のようですが、全巻を購入して模型を作り上げる人がはたして何人いるか疑問です。
 ただ、このような「部品つき雑誌」の創刊号はたいてい通常号の半額以下の安い価格で販売されるので、創刊号だけを買う人も多いようです。それは私です。(笑)
 しかし週刊誌とはいえ部品の入ったバカでかい箱は保存するのが大変です。けれども捨てるにはしのびないし。

 私が模型を作り始めたのは小学校の3年生頃からで、まだプラモデルなどという精密なものはなく、木製のトロッコや艦船が主流でした。プラモデルが日本で初めて発売された時は、「なんと精密な模型が簡単に作れるのか!」と驚いたものですが、その当時は後の爆発的なプラモデルブームはまだ予想も出来ませんでした。

 小学校5年生頃から「模型とラジオ」という雑誌を見ながら、主に建築模型に熱中し、国会議事堂や東宮御所、合掌造りの民家、銀閣寺などをボール紙を切りながら作ったものです。

 鉄道模型を始めたのは6年生頃からで、デパートなどで売っている完成品は小さな貨車でさえ1ヶ月の小遣いの倍以上の値段でしたので、部品を買って車体をボール紙で作って楽しんでいました。線路も完成品は高いので自分で作ったものです。当時はHOゲージが主流でしたが、狭い住宅ではあまり長い線路は敷けず、その後小さなNゲージが発売された時は大喜びでしたが、まだまだ難関が。
(つづきはまたの機会に)
posted by ぎんがてつどう at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。