2011年02月06日

ついに出た!ミステリー「京阪特急殺人事件」

keihannovel101.jpg
 2011年初めての記事が今ごろになってしまいました。前の記事からずいぶん間が空いてしまいましたが、2月初めに前立腺の手術を予定していた関係で、「おめでとう」とご挨拶する気にもなれず、ズルズルと2月に入ってしまいました。
 入院は2泊3日だけで、手術自体も1時間弱の短いもので傷みもほとんどありませんでしたが、手術後の吐き気や痛み・発熱などに悩まされました。

 入院中の退屈な時間に構想を練った短編鉄道ミステリー「京阪特急殺人事件」をHPにアップしています。写真は装丁デザインですが、このアイデアの方が先に頭に浮かび、それを煮詰めていったらストーリーが湧いて来たというのが実情のようです。
 もちろん素人のお遊びの推理小説で、本屋さんでいくら探してもありません。私もミステリーを書いたのは初めてで、いい加減な記述が多いことはご容赦ください。
 ペンネームの「東山狂四郎」や文中の警部・刑事の名前が某有名ミステリー作家のパロディであることは、ミステリーファンの方にはすぐにお気付きのことと思います。(笑)

 実はこのタイトルは30年ほど前に勤務していた会社の社内報に、パロディの書籍広告として載せたものです。よく新聞の一面最下段に載っているような広告をパロディで作りました。
 読者の反応は「パターンが決まっている京阪電車のダイヤでアリバイトリックなど出来るはずがない!」という声が多かったですね。

 それから30数年後、今回そのアリバイトリックを生み出すという意味もあって、今まで誰も書いたことが無い(と思う)京阪特急を舞台にしたミステリーを、ヒマにまかせて書いてみました。

 後半は近日中にアップしますので、皆さんもアリバイ崩しに挑戦してみてください。わかってしまえば「アホらし!」と言われるようなちゃちなアリバイトリックですが、そこは素人が初めて書いたお遊びミステリーということでご容赦ください。(笑)

http://ginga2007.web.infoseek.co.jp/keihanheiseiindex00.html
posted by ぎんがてつどう at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

京阪電車「トーマス号」の写真をHPにアップ

keihanheisei15504.jpg
 「何をいまさら!」という声が聞こえてきそうな超ドンガメ更新ですが、7月2日(ラストラン2日前)に撮影した京阪電車の「きかんしゃトーマス号」の写真をHPにアップしました。今ふりかえってみるとかえって新鮮な感じがするかもしれませんね。(笑)

http://ginga2007.web.infoseek.co.jp/keihanheiseiindex00.html

 例によって写真のようにあまり撮り鉄さんが来ないような「へそまがり」の場所で撮影したものもありますので、皆さんの写真と見比べてみてください。「やっぱりワシの方がうまいわ!」と思われる方が多いことでしょう。(笑)

 「雨の御堂筋」じゃなかった「雨の橋本でただひとり」的写真もありますし、深夜の枚方市駅で酔った足で撮っている写真もありますが、1枚を除いてすべて7月2日の一日だけの「追っかけ」で撮ったものです。

 毎年ラストランには「さようなら、ありがとう」のヘッドマークが付きますが、今回は記念のマークがすでに2枚も付いていたので無かったようですね。ラストランの日の混雑に行かなくて正解でした。

 ところで、いま走っている「40周年」のヘッドマークをつけた京阪5000系電車の写真は未だに撮りに行っていませんが、HPには「2011年1月公開」と目次に入れております。まあ皆さんが飽きた頃にゆっくり撮りに行く予定にしております。(笑)
posted by ぎんがてつどう at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月25日

1丁1,500円の豆腐!

tenjinbashi0010.jpg
 11月22日〜26日に大阪・天神橋筋商店街で「日本の半世紀前を愉しむ」というイベントが開かれており、当店のDVD「なつかしの大阪市電」も連日会場で上映されていますが、このイベントの中で「50年前の物価でやってます。」という催しがあり、いくつかの店舗で数量限定ながら激安で商品を販売されています。
 その中で「前田豆腐店」では1日限定5丁で500円の豆腐を10円で販売されます。「えっ、500円の豆腐ってどんなの?」と、普段は3パック98円の豆腐しか食べたことのない私は驚きました。
 しかし京都の嵯峨豆腐などは1丁400円くらいのものはザラにあるので、それほどの高級感はありません。ところがこのお店には1丁1,500円もする「まぼろし」という豆腐があるのです。

 お店のご主人と色々話をしているうちに、なりゆきで1,500円の豆腐を買ってしまいました。私としては「清水の舞台から飛び降りた」心境で、ご主人もそのことを察して下さって少しサービスしていただきましたが。(笑)
 写真の豆腐がそれで、もっと見栄えのいい皿に盛ればおいしそうに見えるのですが、あいにく我が家にはそんな高級な皿はありません。(泣)
 食してみると(「食べる」などとさらりと言うのは畏れ多いので)きめの細かい口当たりとほんのりとした甘さがあり、そのままでもおいしくいただけます。ただ我が家のような低所得者層の家庭では毎日食べるというわけには参りません。おそらく最初で最後かも?(笑)

 もちろん1,500円の豆腐ばかりを売っているわけではなく、200円からのリーズナブルな豆腐もありますので、天神橋筋商店街を訪れた際には立ち寄ってみて下さい。HPはこちら。

http://tofu-maeda.com/main/index.html
posted by ぎんがてつどう at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

ドラマの中の大阪市電

044siden0430.jpg
 本日午後4時から関西テレビの芸術祭参加ドラマ「その街の今は」で、私が41年前に録音した大阪市電の「音」が流れます。といってもわずか5秒ほどらしいのですが。(笑)
 主人公の歌(中村ゆり)は大阪の喫茶店で働く女性で、大阪の古い写真を集めるのが趣味の28歳です。市電の走る街の写真を眺めているところにその「音」が流れ、昔の大阪に思いを馳せるというシーンに使われるようです。
 当時はまだカセットテープがなく、重いオープンリールのテープレコーダーを担いで市電に乗り込み、三宝線・百済線・高津線・守口線のほとんど全線を録音して回りました。そして保存していた録音テープを2008年にデジタル化し、2009年にかけて2枚のCDを制作して現在も当店HPで販売しております。
 大阪市電の映像や写真は市交通局や新聞社・テレビ局などに多数保存されていますが、「音」はあまりないようで、長時間にわたって録音された音は皆無といってもいいような状態らしいです。
 といいますのは当時のニュース映像は大抵16ミリカメラで撮られているので、現在のビデオやデジタルカメラのように同時録音が出来なかったからのようです。
 今日のドラマで流れるのは数秒なので、注意しないと聞き逃すかもしれませんね。最後のクレジットには「ぎんがてつどう」の名前も協力者として入れていただけるようです。

 写真は大阪市電春日出線の南森町付近で、電停の看板に「南森町」の文字が読み取れます。(ドラマの内容とは関係ありませんが。)

http://ginga2007.web.infoseek.co.jp/sub34.htm

 なお南森町に近い天神橋筋商店街で、明日22日(月)から26日(金)まで「日本の半世紀前を愉しむ」と題したイベントが開かれ、私の制作したDVD「なつかしの大阪市電」・「大阪の渡し船」が会場となる「天三おかげ館」の40インチモニターで上映される予定です。賞品つきクイズもあるようですので、どうぞお出かけ下さい。

http://tenjin123.com/contents/contents_templete.asp?tnum=753&contents_code=notic
posted by ぎんがてつどう at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

大阪市電の音がテレビドラマに

sidenphoto0064.jpg
 「ぎんがてつどう」では大阪市電の音や映像を保存しておりますが、そのうちの「音」が近く放送されるテレビドラマに使われます。

 11月21日(日)の午後4時〜5時30分に関西テレビで放送される芸術祭参加ドラマ「その街の今は」で、主人公が市電の写真を眺めているところに音が流れ、舞台は市電が走っていた大阪の街へと移っていくようです。

 使われるのはわずか数秒ですが、最後のクレジットに「ぎんがてつどう」の名前も表示されるはずです。お楽しみに。(残念ながら関西地区のみの放送です。)

 また11月22日(月)〜26日(金)に大阪・天神橋筋商店街で「日本の半世紀前を楽しむイベント」が開催されますが、その会場で私のDVD「なつかしの大阪市電」も上映される予定になっています。興味のある方はのぞいてみてください。

 http://tenjin123.com/contents/contents_templete.asp?tnum=753&contents_code=notic

 上の写真はドラマとは関係ありませんが、なつかしい大阪府警本部の旧庁舎です。(1968年頃)
posted by ぎんがてつどう at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

HP「昭和時代コーナー」へどうぞ

syowa01.jpg
「昭和の日」にはネットで昭和の風景を探して、
あの頃の生活に思いを馳せてみてはいかが?
私のHPの別館「昭和時代コーナー」へもどうぞ。

http://jijiganko.web.fc2.com/
posted by ぎんがてつどう at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

京阪電車旧塗装車と桜

keihanheisei10401.jpg
 塗装変更が進みつつある京阪電車の沿線の桜風景をHPにアップいたしました。昨年の桜の季節に走っていた10000系電車は、今年は全部新塗装に変わってしまい、ターコイズブルーとピンクのコントラストは見られなくなってしまいました。
 同様に現在交野線で走っている2600系電車も、塗装変更あるいは廃車が予定されているようで、来年までもつかどうかわかりません。
 雨が多かった満開の時期に、なんとか晴れ間をぬって撮影した旧塗装電車と桜のコラボ写真を「交野線」と「本線」の2ページに分けてアップしています。

http://ginga2007.web.infoseek.co.jp/keihanheisei104.html

keihanheisei10503.jpg
 新塗装電車が増えていく中で、残っている昔からの「京阪カラー」の電車が、逆に新鮮なデザインに見えてきます。特に2階建車両の側面に描かれた時代祭り行列は、「京都観光に行く」という雰囲気を味わえる貴重なデザインなのに、どうしてなくしてしまうのでしょうか?
 開業100周年を記念しての塗装変更が、その役割を果たしていないという感じがします。新造の3000系電車に無理やり合わせたようなデザインになっているようですね。

 愚痴を言っていても塗装変更は進められますので、ファンとしては少しでも旧塗装の電車を撮影するくらいしか仕方がないですね。桜と旧塗装電車のコントラストをお楽しみください。
posted by ぎんがてつどう at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

「日本橋ストリートフェスタ」の写真をアップ

nipponbashi0129.jpg
21日に大阪・日本橋の電器街で開催されました「ストリートフェスタ」の写真をHPにアップいたしました。

http://ginga2007.web.infoseek.co.jp/kansaijyohoindex00.html

皆さんの中にも行かれた方があるかもしれません。ひょっとして私と
ニアミスしている方がおられたかも?(笑)

なお、アニメなどのキャラクターの名前はあまり知りませんので、
解説はほとんどありません。皆さんの方がよくご存知でしょう。(笑)

(上の写真は初登場の「通天閣ロボ」)
posted by ぎんがてつどう at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

「EXPO'70パビリオン」オープン!

pavilion0004.jpg
 1970年の日本万国博覧会(大阪万博)開催40周年を記念して、万博記念公園(大阪・吹田市)の旧鉄鋼館を「EXPO'70パビリオン」として整備され、3月13日(土)にオープンされました。
 当日は午前中に関係者と招待客による開館記念式典が行われ、午後2時30分より一般に公開されました。その風景の一部をHPにアップしております。下記トップページのリンクよりお入りください。

http://ginga2007.web.infoseek.co.jp/

 それほど広い展示館ではなく、1日の入館可能人数は2千人程度ですので、初日13日と14日の日曜日は整理券による入場となりましたが、初日もそれほど大きな混乱もなく、なんとか見学することが出来ました。

http://park.expo70.or.jp/facil/facil_11.html#maniaexpo

 個人的な感想ですが資料館という性質上、各種資料の展示に重点が置かれており、当時の熱狂的な雰囲気を伝えるには少し物足りなさを感じました。
 それでも館内で上映されているフィルムなどから、ある程度の感じは掴めると思いますが、当時を知らない世代の方からは、「なんだ、この程度のものか?」という印象を受けるかもしれないという危惧を懸念しています。
 まあ初日の混雑の中でゆっくりと見られなかったこともあり、もう一度落ち着いた頃に行ってみようと思っています。

 宣伝になりますが、当時の雰囲気を伝えるDVDやCDを当店の通販で扱っております。ただ今40周年記念のサービスセール中ですので、パビリオンの展示をご覧になって物足りなさを感じられた方は、一度ご検討ください。なお会場で販売されている公式記録映画とは異なりますので念のため。
posted by ぎんがてつどう at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 万博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

ひらかた市民菊人形資料展

kikuningyo01.jpg
 京阪電車のひらかたパーク(ひらパー)で毎年秋に開催されていました「大菊人形」は2005年の「義経」を最後に閉幕してしまいましたが、菊人形の伝統を後世に残そうという市民グループ「ひらかた市民菊人形の会」が2006年に発足し、菊人形制作・展示などの活動を続けておられます。
 去る2月5日〜17日に、京阪電車枚方市駅東口の「ひらかた市民ふれあいセンター」で、この会の活動を紹介する資料展が開催されました。
 今まで制作された作品や菊人形の制作過程などを解説した興味深い展覧会でしたので、その様子をHPの「関西の写真情報」コーナーでご紹介しております。下記アドレスの目次からどうぞ。

http://ginga2007.web.infoseek.co.jp/kansaijyohoindex00.html
posted by ぎんがてつどう at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。