2009年03月07日

CD「郷愁の大阪市電U」を販売中

CDp0922.jpg
 ぎんがてつどうの「昭和の鉄道シリーズ」オリジナルCDの第5弾「郷愁の大阪市電U」を3月初めより販売しております。
 今回のCDは大阪市電全廃40周年の記念として制作したもので、昭和44(1969)年3月の全廃時に、最後まで残った守口線と高津線の車内音を、ほとんど全線にわたって合計66分間収録しています。

 守口線ではおそらく無音電車の3001型での録音と思われますが、車掌さんの声が小さく、停留所名が聞き取りにくいのが難点です。
 途中の都島車庫で乗務員が交代し、終点の阪急東口までは少し声が大きくなり、ほとんどの停留所名は聞くことが出来ます。
 終点の手前では車掌さんが「ありがとうございます。」と言いながら切符を集めている様子も録音され、ワンマンカーにはない情緒が感じられます。

 高津線では最初に今里車庫から停留所に出てくる電車の音から始まります。録音はこの路線で多く使われていた1801型の車内と思われますが、守口線の録音と形式が違う音が入っているのも貴重です。
 終点の玉船橋では下車してからも停留所で、発車と到着の電車の走行音を録音しており、ポイントを渡る音が収録されています。

 いずれも前作の「郷愁の大阪市電」(三宝線・百済線)と同様に、家庭用のオープンリールテレコでのモノラル録音で、テープも40年以上前のものですので、音の不明瞭な点はご了承ください。

詳しい内容はホームページでご覧下さい。

http://ginga2007.web.infoseek.co.jp/

2月に発売いたしましたオリジナルCD「京阪交野線1300系」と「阪神軌道線」の解説も併せて掲載しております。

 ところで話は変わりますが、最近発売された「日本鉄道旅行地図帳」(新潮社)の第10号「大阪」には、大阪市電の全盛期とも言える昭和34年当時の「大阪市電系統図」が載っています。
 さらには当時の市電停留所の全部?について、開設時期や改称時期の一覧表まで掲載されています。
 さらにさらに、そんなのがあったのかと思うような「大阪馬車鉄道」や「宇治川ラインおとぎ電車」をはじめ、「北大阪急行万博会場線」・「大阪万博モノレール」や、最新の「京阪中之島線」まで、大阪に関する鉄道の全駅の歴史がわかります。
 大阪市電ファンをはじめ大阪の鉄道ファンにとっては、今までになかった資料として大変貴重な本のようです。さあ書店へ急ごう!
posted by ぎんがてつどう at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

「ゴジラvsウルトラマン」コーナー開設!

先日、私がむかし撮影したモノクロフィルムが、知人宅で大量に見つかりました。その中の写真を使って、「ゴジラvsウルトラマン」コーナーをホームページに開設し、楽しい場面をご紹介しております。

もちろん実際にそんな映画があるわけではなく、私の遠い青年時代の遊び心満載の趣味で、嫌なことばかりが続くこの世の中で、たまには私の「アホな人間の証明」をご覧いただき、大いに笑い飛ばして明日への活力にお役立てください。

ぎんがてつどう店主の私は、昭和40年代は特撮の神様を慕って、新たなゴジラ映画を企む「20世紀少年」でした。現在は「21世紀じいさん」ですが。(笑)

コーナーには映画「太陽にほえろ」の予告編画面も作ってご紹介しております。もちろん冗談映画で封切りの予定は全くありません。なお特撮はすべてアナログです。(笑)

「ゴジラvsウルトラマン」映画?をご覧になった方の、ハチャメチャなご感想もお待ちしております。画面の中のメールソフトからどうぞ。まずは見てのお楽しみ。お代はお帰りに。

http://jijiganko.web.fc2.com/GvsUindex00.html
posted by ぎんがてつどう at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | リラックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

大阪市電の未公開写真を多数アップ!

sonotoki0216.jpg
 日本万国博覧会開幕の1年前、万博のために地下鉄と道路網を整備するため、大阪市電が全廃されて今年で40周年になります。

 このたびネットで知り合った「さうざぁ」さんという方のブログからも大阪市電の写真をお借りして、私の未公開写真とあわせて、HPの「そのとき、私はそこにいた!」コーナーにアップいたしました。

 なんと、この「さうざぁ」さんは、当時私が市電のパレードの8ミリ映画を撮影していた時、すぐ近くでスチールカメラで写真を撮っておられたようで、私がタクシーでパレードを追いかけているとき、「さうざぁ」さんは愛用のバイクで同じように市電を追いかけていたようです。

 「さうざぁ」さんと私の撮影した市電パレードの写真を、並べてレイアウトした「大阪市電保存車パレード」のページでは、見知らぬ二人がいかに近くで撮影していたかがわかり、二人とも驚いています。

 当時は大阪市内に住んでいた二人は、40年後の現在も大阪府下ですぐ近くに住んでおり、1通のメールから知り合った二人の写真がHPでドッキングしました。

 「そのとき、私はそこにいた!」コーナーはこちら。

 http://jijiganko.web.fc2.com/sonotoki09index00.html

 万博の40周年に気をとられて、大阪市電廃止の40周年を忘れるところでした。3月末の満40年に向けて、これからも未公開の写真をHPに載せていく予定です。どうぞお楽しみに。

posted by ぎんがてつどう at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

「そのとき、私はそこにいた!」写真募集

 オリジナルCD「阪神軌道線」の発売を記念いたしまして、ホームページに「そのとき、私はそこにいた!」コーナーを開設いたしました。
 これは私が昭和時代のある日に撮影した写真と、同じ場所・同じ頃に皆様が撮影された写真を、同じページに並べてご紹介しようという企画で、「わが家の大阪万博」コーナーに続いて、ホームページをご覧の方の写真をも掲載させていただくものです。

 本日、第一弾として開設しました「阪神軌道線全廃の日」のページに、野田駅で撮影した私の写真と、同じ日・同じ場所で撮影された、奈良県の方の写真を載せております。
 そのほかに「国鉄最後の日」、「JR最初の日」、「大阪駅のオリエント急行」のページに、私の撮影した写真を載せており、同じ日・同じ場所で撮影された皆様の写真を募集しております。

 今後は「大阪市電全廃の日」、「京都市電全廃の日」などのページをオープンする予定にしており、私と時間・空間を共有した皆様の写真も一緒に残していきたいと考えておりますので、多数のご投稿をお待ちいたしております。
 写真が残っていない場合は、その時の思い出話だけでも文章にして掲載させていただきますので、よろしくお願い申し上げます。

http://jijiganko.web.fc2.com/sonotoki09index00.html
posted by ぎんがてつどう at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

オリジナルCDの試作品

CD090001.jpg
 当店で近日中に販売予定のCDの試作品が出来上がりました。昭和の鉄道シリーズともいえるもので、今回は「京阪交野線1300系」と「阪神軌道線」の2枚の発売を予定しております。

 「京阪交野線1300系」は昭和58年12月の1500V昇圧とともに廃車となった1300系電車の車内音を収録しており、吊り掛けモーターの懐かしい音がお楽しみいただけます。京阪電車の中でも、温かい木の内装でファンの多かった車輌でした。

 「京阪交野線1300系」CDは収録時間が短いので、オマケとして旧国鉄のイベント列車「SL京阪100年号」の音も併せて収録しております。
 昭和51年9月4日に国鉄東海道本線で運転された「SL京阪100年号」(京都〜大阪間)は、撮影のために線路へ入った子供がはねられて死亡するという事故のあった列車で、ちょうど新快速電車で追いかけて録音していた私のテープに、その時のSLの非常汽笛などが録音されていました。

 「阪神軌道線」CDは、昭和50年5月5日に、全線が廃止された阪神の路面電車、北大阪線・国道線・甲子園線の全区間(国道線は廃止直前の野田〜上甲子園間)の車内音を収録しています。国道の車の中を独特の警笛を鳴らして走る懐かしい音がお楽しみいただけます。

 今回のCDは前2作と違ってステレオで録音しております。とはいってもカセットデンスケとワンポイントステレオマイクによる簡易録音で、カセットテープも古いため不明瞭な音ですが、当時の雰囲気は味わっていただけることと思います。
 34年前の阪神軌道線のカセットテープなどは、デッキにかけて再生した途端に切れてしまい、あわててカセットを分解してセロテープで継いだほどです。(笑)

 両CDともに現在予約を受け付けており、予約分を1月末より順次発送する予定ですが、マニア向けの手作り少量生産のため、以後はご注文いただいてから発送までに時間がかかる場合もございます。あらかじめご了承ください。

http://ginga2007.web.infoseek.co.jp/ にCDの詳しい収録内容も載せておりますので併せてご覧下さい。
posted by ぎんがてつどう at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

思い出の大阪万博写真を大量アップ!

 このたび京都市の「ヒロ」さんから、大量に大阪万博の写真をご提供いただき、HPの「わが家の大阪万博」コーナーにアップいたしました。

 http://jijiganko.web.fc2.com/expo70index00.html

 当時販売されていたコクヨフリーアルバムの万博バージョンに貼られた、60数枚の写真の中から57枚を掲載しております。
 フリーアルバムに直接貼られた写真は、はがすのが困難で台紙のままスキャンしたためピントが合わず、また保護フィルムの汚れやシワなどが映って不鮮明な画像になっている点はご了承ください。

 エキスポタワーから撮影した空撮風の写真や、ご家族の写真も了解を得て多く載せておりますので、当時の雰囲気がお楽しみいただけることと思います。

 パビリオンの名前や撮影場所は一応入れておりますが、不明のところや誤りなどがあるかもしれませんので、「間違い探し」を楽しんでいただけるように配慮?しております。(笑)お気づきの点はお知らせいただければありがたいです。

 引き続き眠っている万博写真を探しておりますので、少しの枚数でも掲載ご希望の方はメールでお問い合わせください。
posted by ぎんがてつどう at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 万博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

ぎんがてつどうの正月ダイヤ

あけましておめでとうございます。
 もう3日になってしまいましたが、ご挨拶が遅くなりまして申し訳ありません。
 当店の正月ダイヤとは、つまり朝からカズノコとアルコールが入っていて、ダイヤが大幅に乱れている状態をいいます。(笑)

 経費節減のため今年から年賀状は、元日から届いた順に返信することにいたしましたので、いただいた方のお宅に着くのが少々遅くなりますがご了承ください。元日の午後からやっと年賀状のプリンターが動き始めたような状況です。
 元日に届いた年賀状の返信は、2日に大阪中央郵便局へ投函いたしました。年賀状をいただいたお方はもうしばらくお待ちください。
 京都在住の方の分は京都中央郵便局へ持っていくのが、ここ数年の慣例となっており、毎年2日は京阪特急で走り回っております。(笑)

 このブログをご覧のほとんどのお方は、まずホームページをご覧いただいていると思います。ホームページのトップでご紹介しておりますように、元日に「市電の走った大阪の街」コーナーを開設し、大阪市電のモノクロ写真と、同じ場所を2008年に撮影したカラー画像を、並べて掲載しております。
 まだ一部だけですが、撮影の出来た順に今後も追加していく予定にしております。時間と経費の余裕があれば、「市電の走った京都の街」コーナーもいずれ作るかもしれません。
 そのほか「京阪電車の平成時代」コーナーや、「大阪・花の万博」などのコーナーにも写真を追加するつもりですので、どうぞお楽しみに。

 また昔の録音テープのCD化を進めており、一昨年より大阪万博・夜汽車・大阪市電などのCDをネットで販売しておりますが、今年は京阪の1300系電車や、阪神軌道線(北大阪線・国道線・甲子園線)と京都市電の音がCDで甦ります。
 特に1月発売の京阪1300系のCDには、オマケとして国鉄時代のイベント列車「SL京阪100年号」の音も一部収録する予定で、人身事故のあった瞬間?の非常汽笛の音が録音されており、貴重な昭和の音の記録になりそうです。

 このような音はほとんどマニア向けの題材で、CDの販売枚数も僅かですが、人によってはかけがえのない思い出の音も含まれており、お買い上げの方から、感激のご感想などのメールをいただき、販売している私の方がお礼を言われて恐縮しております。

 近日中の更新といたしましては、古風な衣装を着た猫のイラストを集めた「山賀ふみ子フレーメン館」が「ネット画廊」コーナーに登場する予定です。シュールなイラストを8点ご紹介いたします。 

 今年もぎんがてつどうのホームページをどうぞよろしくお願い申し上げます。
posted by ぎんがてつどう at 20:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

「ライトアップ2008」コーナーを開設

 大阪・中之島のイベント「光のルネッサンス」のイルミネーションを、先日からホームページに載せておりましたが、このたび追加として京都の「嵐山花灯路」と大阪・万博記念公園の「イルミナイト万博」の写真を追加して、「ライトアップ2008」としてまとめました。

http://ginga2007.web.infoseek.co.jp/2008ilumi00.html

 中之島「光のルネッサンス」は、鳥取砂丘の砂で作った彫刻が珍しく、京都「嵐山花灯路」は、京阪電車の臨時特急撮影の「ついで」に撮りに行き、万博公園の「イルミナイト万博」は、今年は行かないつもりでいたのですが、新聞に載った不思議な写真を見て、「これは行かねば!」とあわてて行ってきた次第です。
 マニアエキスポでお世話になった職員の方と偶然お会いして、「太郎さんはこれを見てどう思われるかな?」と話し、「アホなことするな!」か「もっとやれ!」か、どっちかな?と笑っておりました。(笑)

 ほかにもミクシィやご自分のHPに載せておられる方もありますが、スライドショーのページも作りましたので、仕事や家事に疲れた時に、コーヒーでも飲みながらご覧下さい。
 来年の年末はもうこんなアホなページは作らないかもしれません。
あっ、鬼が笑ってら!(笑)
posted by ぎんがてつどう at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 万博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

「わが家の大阪万博」コーナー開設

 皆様のご家庭で眠っている「大阪万博」の写真に陽の目を当てようという企画で、ぎんがてつどうのホームページ(別館)に「わが家の大阪万博」コーナーを設けました。

 ホームページやブログをお持ちでない方や、ご自身のホームページに万博関係のコーナーが無い方などで、1970年の日本万国博覧会の写真を保存されている方に、公開の場を提供するコーナーです。

 現在数人の方からお預かりした写真を載せており、本日は神戸市の「元祖怪獣博士」原坂一郎さんがお持ちの写真をアップいたしました。また皆様方からの写真のご提供もお待ちしております。

 大阪府の橋下知事が「大阪ミュージアム構想」を打ち出していますが、その推薦基準には該当しないものの、私のホームページもミュージアムとしての体裁を整えたいと考えておりますので、皆様のご協力をお願い申し上げます。詳しくは下記のページでご覧下さい。

http://jijiganko.web.fc2.com/expo70index00.html

 これから数年間は継続して掲載する予定ですので、大阪万博の写真が出て来ましたら、お知らせいただければありがたいです。
 では初公開のものも多い「わが家の」万博写真をお楽しみください。
posted by ぎんがてつどう at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 万博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

「マニアエキスポ2008」の写真アップ完了!

 お待たせいたしました。ホームページに載せております「マニアエキスポ2008」コーナーの写真アップがほぼ完了いたしました。

 2006年・2007年よりも掲載した写真枚数は大幅に増えており、見やすいようにサイズも大きくしていますので、接続の環境によっては表示に時間がかかることをご了承ください。

 今回の展示で私が特に注目した、万博会場の「ペーパークラフト」は、当初は2ページに収める予定でしたが3ページに増やし、ペーパークラフトの写真だけで39枚載せております。それでもまだ全容をご紹介出来ないような大作です。

 「ペーパークラフト(2)」には、製作者の方にお聞きした「意外な真相」も書いていますので、注意してご覧下さい。また「ペーパークラフト(3)」には真上から撮った空撮風写真もありますので、少しはお楽しみいただけると思います。こんな写真の撮り方もあるという作例です。まあ「遊び心」ですが。(笑)

 また最後のページには鉄鋼館の外のイベントや風景も入れておりますので、「マニアエキスポ2008」に来られなかった方でも、その場に居るような雰囲気を味わえるかもしれません。

 ではまた来年の「マニアエキスポ2009」をお楽しみに。って、私は主催者じゃないんですが。(笑)

http://ginga2007.web.infoseek.co.jp/2008maniaexpo000.html
posted by ぎんがてつどう at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 万博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。